皮膚科で治療を受ければ治る!水虫の治療について知ろう

足の裏にできやすい水虫

水虫は、誰でもなる可能性がある皮膚の病気です。しかし、この病気を放置している人って案外多く、皮膚科に行かず市販で販売されている薬だけで症状を抑えようとする人もいます。ですが、水虫は皮膚科で治さないといけない病気のひとつになります。

皮膚科で水虫の治療を受けたほうがいい理由とは?

人に感染しやすい菌

水虫の菌は、人に感染しやすいので早めに改善しないと家族などに移る可能性があります。どんなところから感染するのかといえば、バスマット、同じタオルを使う、靴、靴下、絨毯などです。バスマットや絨毯は特に移りやすいので、早めに治療を受けて改善したほうがいいでしょう。

悪化するとの足の状態が悪くなる

水虫は悪化するとどんどん症状が悪くなっていきます。悪い状態の水虫になれば、痒みがひどいだけでなく膿がでてきたりするので生活に支障がでます。人によっては、耐えきれないほどの痒みに襲われるので注意が必要です。

足だけではなく他のところにも…

水虫といえば、足の裏や指の間と思うかもしれません。しかし、実は体全体に感染する可能性があります。中には、手のひらに感染することもあり、耐えきれない痒みを感じるようになります。また、水疱ができるようになるので見た目も悪くなります。

清潔にするだけでは治らない

水虫の菌を退治できれば治ると思っている人も多いですが、実際は菌の繁殖力が強いので清潔にするだけではなかなか改善されません。それに、足は靴や靴下に覆われていることが多いので蒸れやすく、清潔にしていても菌が繁殖しやすくなっています。

皮膚科で治療を受ければ治る!水虫の治療について知ろう

鏡を見る人

皮膚科でも治療を推奨している

皮膚科では、水虫で悩んでいる人に向けて治療を受けたほうがいいと推奨しています。なぜなら、放置するとどんどん足の状態が悪くなるからです。痒みだけでなく痛みなども出てくるので、酷くなる前に適切な治療を皮膚科で受けるようにしましょう。そうすれば、これまで悩んでいた水虫から解放されます。

どこの皮膚科でも受けられる

水虫の治療は、基本的にどこの皮膚科でも受けることができます。また、しばらくは通うことになるので自分が足を運びやすい皮膚科を探すようにしましょう。五反田や杉並区にも皮膚科はたくさんあるので、一度通いやすいところがあるか調べてみてはどうでしょうか?最近は、ネットでどんな治療を行なうのか調べることもできます。

自分だけでなく家族のためにも

水虫は感染力が強いので家族に移る可能性がとても高い病気のひとつです。ですから、自分だけのためではなく家族のためにも皮膚科に通って水虫の治療を受けるようにしましょう。そうすることで、自宅で家族に気を使わなくてもよくなりますし、水虫で悩むことがなくなっていくでしょう。

水虫かも!?と思ったら、一度当てはまるか確認を!

  • 足の裏がかゆいと感じることが多くなった。
  • かかとが固くなって乾燥している状態が続いている。
  • 足の裏の皮がよく向けるようになった。
  • 水疱のような小さなものが足の裏や指の間にある。
  • 足が蒸れやすく汗をかきやすい体質である。
  • 同じ靴を履いて過ごすことが多い。
  • 長時間靴を履いたまま過ごすことが多く、臭いもきつい。
  • 足の裏や指の間の皮がめくれて、膿がでている状態。
  • 家族に水虫を抱えている人がいる。
  • 水虫を持っている家族と同じバスマットなどを使っている。

広告募集中