にきび治療って本当に効果ある?どんなにきびでも大丈夫なの?

にきびができるメカニズム

にきびが肌にできると凄く嫌な気持ちになりますよね。そんなにきびは、毛穴に皮脂が詰まったり、汚れが詰まったりしていることが原因で菌が繁殖して炎症を起こしています。そのため、悪化していくと炎症が酷くなり膿が溜まりだすので大きなにきびに成長していきます。こんな厄介なにきびを早く治したいのなら、東京の皮膚科でにきび治療を受けてみてはどうでしょうか?

ケアだけでは治らないにきびを放置するとどうなる?

にきびが大きくなって潰れるとクレーター状の跡になる

ケアしてもなかなか改善されないにきびは、放置するとさらに大きくなって潰れてしまうことがあります。潰れたにきびの跡は、クレーター状に穴がデコボコした状態になりやすいので皮膚科のにきび治療を受けることをおすすめします。

治っても同じところにまたにきびができやすい

大人になってからできるにきびは、一度治ってもまた同じところにできる特徴があります。この場合、ケアするだけでは改善するのが難しいのでにきび治療で根本から治せるようにしたほうがよいでしょう。

にきび治療って本当に効果ある?どんなにきびでも大丈夫なの?

カウンセリング

大人にきびの厄介さ

大人にきびの特徴は、何度も同じところにできることです。これは、思春期の頃と違って上手く肌のターンオーバーのサイクルができておらず、毛穴の根本ににきびを発生させる菌がまだ残っているからです。その結果、肌の状態が悪くなると同じところににきびができやすくなり、何度も繰り返すことで跡が残りやすくなります。

肌のサイクルを整える難しさ

ある程度年を取ると肌のサイクルを整えるのが困難になってきます。そうなると、にきびを根本から改善することが難しくなります。ですから、にきび治療を受けて肌のサイクルを整えられるようにしたほうがよいのです。また、皮膚科では治療だけでなく生活習慣のアドバイスを受けることもできます。無意識に行なっている生活習慣のせいでにきびができている可能性が高いので、医師に相談してみるとよいでしょう。

普段の生活も見直そう

にきびができるのは、普段の生活習慣が乱れていることやストレスを蓄積していることが影響している可能性が高いです。そのため、にきび治療を受けると同時に医師のアドバイスを参考にして、普段の生活習慣も見直すようにしましょう。そうすれば、にきびの治りも早くなるので悩まなくて済むようになります。

スキンケアの方法も見直す

にきび治療は、あくまでもにきびの炎症を抑えて治していく治療なので、治っても生活習慣やスキンケアを見直していなければ再発する恐れがあります。ですから、スキンケアも見直すようにしましょう。これまで使っていたケア製品が合わないのなら、にきび治療を受ける機会に全て変えてみるのもいいかもしれません。

にきび治療を受けるときは生活習慣とスキンケアも見直す

東京の皮膚科でにきび治療を受けるときは、治療を行なうだけでなく生活習慣やスキンケアも見直すようにしましょう。そうすることで、早くにきびを改善できるようになり、きれいな肌を保ちやすくなります。

広告募集中